orang

ロンボク島のサーフポイント

ロンボク島でサーフィンが楽しめる絶好のポイントは南ロンボクのクタです。クタの湾内では、リーフ上の至るところでレフトハンド、ライトハンドを含む見事な波が立ち、その質の高い波を求めて世界中のサファーが集まってきます。様々な性質の波を味わえるロンボクを代表するポイントをご紹介します。

Air Goling

・Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swell/北西・Best Season/雨期・Lavel/中~上級者

クタの町から車で20分、山を超えていくと眼下にアイルグリーンのポイントが見えてくる。湾の左右にリーフのブレイクするポイントで、レフトはグーフィ、ライトはレギュラーの波が立つポイントです。ロータイドでは早めの波でインサイドでは早めのバレルが巻きます。日中は、オンシュアが吹くので朝が狙い目!サイズはクタより1サイズ大きく、ベストは8ftにもなります。波が大きくなっていくとカレントが強くなっていくので注意が必要です。

Segar Bay

・Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swel/l南・Best Season/雨期・Lavel/中~上級者

クタのポイントから最も近いポイント。パワフルなブレイクを見せるセガールベイ。早めの波だけどテイクオフすれば乗りやすくファンサーフできます。一日中風が強く吹くので、比較的風の穏やかな朝・夕に狙うしかない。基本はレギュラーブレイクだが少しならグーフィーも乗れます。ロータイドになっていくと、デッドコーラルリーフが顔を出し手前のリーフの穴の一面にはウニがびっしり詰まっているので注意が必要です!ビギナーにはオススメしない。ハイタイド以外でサーフィンするのは危険です。リーフブーツは必須です。

Tanjun Aan 

・ Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swell/南・Best Season/雨期・Lavel/初~上級者

インドネシアで一番美しいといわれる『タンジュンアンビーチ』エメラルドグリーンの世界が広がります。行く価値のある美しさの保たれたお勧めのロケーションが魅力です。ブレイクポイントは、左の岬の前にあるアウトサイドと湾内のインサイドの2ヶ所のスポットです。
クタから15分でタンジュンアンに着きます。湾になっており、あまり風の影響を受けず面はキレイです。ボトムはリーフでベストサイズは3~4ft。ハイタイトが狙い目です。西風の合うアウトサイドは、パワーのあるホローなパーフェクトブレイク。北風の合う、インサイドは、ライトブレイクで決まれば100mはライディングできます。カレントも気にしないていいのでビギナーでも安心なポイントで岸からパドリングアウトすることができます。当たれば、白砂の美しいビーチにパワフルなホローウェーブがお目にかかれます。

Mawun

・Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swell/北西・Best Season/雨期・Lavel/初~上級者

山を超えて、クタの街から車で20分。コバルトブルーの海と白砂ビーチの美しいポイント。ベストは3ft~4ft。ハイタイトでもロータイトでもOK。ロータイドの時はシャローになり、ブレイクは速くなります。サイズが小さければ、カレントもなくビギナーでも安心してパドルアウトできます。雨期には、ライトのレギュラーに10ftの波が立つことがあります。 乾季でも南東の風が吹くレフトのグーフィーブレイクが可能です。

Gerupuk

・Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swell/南・Best Season/雨期・乾季・Lavel/初~上級者

クタの町から車で20分、グルプックの漁村に到着します。海の中に見えるのは、ロブスターの養殖場です。グルプックでは湾な中に様々な性質を持つ5つのブレイクポイントがあります。オールシーズンスウェルが入りサーフィン可能となります。

  • インサイド 年間を通してサーフィン可能。波はメロウで乗りやすくロングライドできます。レギュラー・グーフィーとも乗れますが、サイズが頭を超えるとレギュラーオンリーになり、バレルも巻きます。ベストは6~8ft。波が小さければビギナーでもOK。
  • カメポイント 年間を通してサーフィン可能。レギュラー・グーフィーとも乗れますが、インサイドより1サイズダウンします。波は速めです。
  • コドモポイント 波は早めのブレイクです。カメポイントより1サイズダウンします。
  • アウトサイド 切り立った崖の前のポイントです。レギュラーオンリーでロングライド可能。このポイントは風が入りやすくコンディションを崩しやすいが、ライトの方向にかなりロングライドできます。雨期のオフショアがベストで潮はハイタイドがベストです。ロータイドはリーフがシャローなのでやめたほうがいいです。スピードもパワーもバレルもあるのでビギナーは入れません。ベストサイズは8ft。アウトサイドレフトは、スーパーシャローで巻き波のためにエキスパートオンリーです。

Desert Point

・Bottom/リーフ・Break/グーフィー
・Swell/南西・Best Season/乾季・Lavel/上級者

一番有名なのが島の西端にあるバンクバンク、通称デザートポイントです。コンデションが整えばウルワツやGランドに匹敵するロングウェーブが味わえる波が特徴。
世界でも有数のスーパーレフトが存在し最速.最長のレフトが味わえます。まさにエキスパートだけが挑戦できるポイントです。ただし波は安定しにくく、グランドスウェルが入った時のみブレイクし始め、ハイタイドになるとすぐに波はなくなります。テイクオフからシャローリーフに進むと急速に加速し、インサイドに向かうとバレルに包まれる最終的にはドライリーフがお目見えします。サイズが上がるとピークのカレントもかなり強まるので注意が必要となる。
クタから車で1日がかりになるほど遠いポイントになります。

Mawi

・Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swell/南西・Best Season/乾季・Lavel/中~上級者

クタから車で30分。美しいビーチが広がるポイントです。ブレイクポイントは、湾のレフトサイドにあってサイズが小さい時は、レフト・ライトともに走れます。サイズがアップすると強烈なレフトブレイクが発生し、静かな海がパワフルで速い波に変貌する。そうなるとカレントもかなり強くなり中上級者でもてこずるので危険です。ビギナーは入らないように!

Ekas

・Bottom/リーフ・Break/レギュラー、グーフィー
・Swell/南・Best Season/乾季・Lavel/初~上級者

クタから車とボートに乗り継いで1時間。西岸の町アワンからボートに乗り換えてエカスに渡ります。最大サウスコーストで最大のベイ、エカス湾が存在します。
湾内には、インサイドとアウトサイドの2つのブレイクポイントがあります。インサイドはロータイドがベスト。メロウな波でレフトもライトもブレイクします。アウトサイドは、ハイタイドオンリー。パワフルなレフトオンリー が炸裂しサイズは9~10fにもなるのでビギナーは入れません。クタからは、ちょっとしたショートトリップになります。
未開の地ロンボクにはまだまだ我々を魅惑する波が待ち構えています。