see1

see2
segal1
segal2
sagal3
segal4

LOMBOK ISLAND

ロンボク島は、バリ島から東へ50km離れた場所に位置します。

バリ島とロンボク島の間には「ウォーレスライン」というオーストラリアの棚からアジアの大陸棚を分割るする深い棚で区切られています。バリ島側が東洋区、ロンボク島側がオーストラリア区とされています。その生態系を分けるラインがあり、バリ島の隣の島なのに違う雰囲気を持っています。動植物なども、オーストラリア大陸との共通性も数多く見られるようです。昔のままの風景が残る素朴な島で道を歩けば、牛・鶏・水牛までもが目の前を現れるとってもスローな場所です。ロンボクに一度足を踏み入れれば、素朴な人々とのふれあいや手つかずの自然を楽しみことができロンボクの魅力に取り付かれてしまうでしょう。

ロンボク島は昔ながらの伝統的な良さとゆっくりとした形で文化を守りながら暮らしています。島の素晴らしい名所を数々と発見するためにはひときわ足を運ばなければなりません。人影まばらなビーチはまさに手つかず。新しいスポットを求めるビーチリゾットファンの関心も高まっています。なかなか目にしないような光景や心温まる風景に、きっと出会えるはずです。

首都マタラムからのんびりとした牧歌的風景が広がっています。どこまでも広がるのんびりとした田園風景を眺めながら素朴な町並みが広がり、手付かずの透明感の高いビーチに辿り着きます。小静かなとても静かな小さな村[クタ]です。 素朴な人々とのふれあいや手つかずの自然を楽しむことでしょう 。 ロンボク島は、まさに 自然の中の旅! チドモと呼ばれる場馬車に乗ってのお散歩も楽しいかもしれません。

ロンボクの最大の魅力は手つかずの美しいビーチと透明感の高い海

特にきめ細かな白砂がまぶしく、砂浜とターコイズブルーの海が眼下に広がりリラックスタイムを満喫できるでしょう。

マリンスポーツ・トレッキング・ゴルフなどスポーツを行うのに絶好の条件が揃っています。自然多く残るロンボク島のヴィラでゆったり過ごすのもなかなか良いものです。豪華なホテルでのリゾートライフを満喫したり美砂のビーチに青い海を眺めながらやしの木の木陰で本を読んだりする光景も多く見られます 静かで素朴な浜辺でのんびり過ごして、のどかな雰囲気にきっと浸るでしょう。 そんなロンボク島に足を延ばしてみてはいかかでしょうか。